takuwan's blog

感じたことを書きますよ

若者文化がわからないからtwitterはじめました

今更ながら、はてぶをはじめました。
また、数年間寝かせていたtwitterのアカウント(@takuwan0405)も復活させて(過去のツイートはなんとなく全部消したけど)、ちょびちょびwatchするようにしました。

若者文化がわからない

「EDM知らないってやばいよ」って同僚数人に煽られたことがきっかけです。
「えーほんとに?」とあまり納得できなかった自分は、職場の同僚20人程度に「EDMって知ってる?」って聞いて回ったところ、

・20代前半の人はだいたい知ってる
・26~35歳の人は、知ってそうな人は知っている(5人中1人くらいの割合)
・35歳以降の人は100%知らない(5人くらいに聞いた)

といった感じで、おっさんほどEDMを知らないという結果になりました。
若者文化ってどこでキャッチできるんだろうと、ぱっと思いついたのがtwitterでした。

 

f:id:takuwan0405:20180608204328p:plain

(もっとも、気づいたころにはEDMも終わるらしいですが。)


これまでの情報源

基本的にfeedlyで諸ブログ・メディア100件くらいをwatchしています。
自分はアプリ、ウェブ、インフラあたりのソフトウェア・エンジニアなので、そうした技術界隈で有名なブログであったり、TechCrunchやHacker Newsなどのメディアを毎日20分くらいつかって読んでいます。
あとはSlackとかで流れてくる色んな人の会話から情報をキャッチアップしています。

ここ3、4年はこれで困らなかったのですが、本当に自分が必要だと思う情報しか入ってこなくなってしまって(pull型の情報収集に尖ってしまって)、個人的にあまり関心がなかった分野については浦島太郎状態になってしまったようです。


若返りたい

元々パリピ的な性格からかけ離れてはいるのですが、最近お話をもらうお仕事にエンタメ系だったり10代女性を狙ったアプリとかがあったりして(よくわからないドメインだし長続きしないかもしれないからとお断りしていて)、なんか損しているなーという気持ちになっています。。
また、三十路が近づいてくるにつれ、頭もセンスもどんどんおじさん化しているような気がして、よくわからない危機感があります。(こっちのほうが強い)

twitter再開したところで、どうせフォローするのはおじさんばかりな気がしなくもないのですが、自分が日頃から貼っているアンテナには引っかからない何か新鮮な情報を、あまり負荷にならない程度に入手したいなとtwitterに期待しているところです。


ついでに

はてぶをはじめた理由でもあるのですが、そろそろ三十路がみえてきたところで、何かしら溜まった知見やものの見え方があるので、情報を読み込むだけでなくて発信しないとなー(できるなー)と思ってます。
twitterもその親和性をちょっと考えているところがあるのですが、ゆるーくやっていきます。
よろしくです。